東急リゾート宮古島ホテル宿泊と与那覇前浜ビーチの体験談と感想~レストランディナーも美味で部屋も快適 口コミ評判

こんにちは、南ユウジです。

 

今回は東急ホテル&リゾーツ宮古島の宿泊体験談と

東急リゾート目の前の与那覇前浜について書いてみます。

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島には

ノマド仲間と旅行しました。

 

プロフィールにも書いている通り、

モルディブ旅行をきっかけに南国にハマった僕ですが、

モルディブに負けないくらい宮古島は本当に海が綺麗です。

 

石垣島にも行きましたが海の綺麗さという意味だと

宮古島のほうが数段上。

 

石垣島の体験談はコチラ

 

島トータルだと石垣島のほうが遊ぶところが多いのですが

海が目的だと宮古島は本当にめっちゃ良いです。

 

宮古島が良すぎて、もし今後、結婚し、娘が生まれるコトがあったら

「ミヤコ」って名付けようかと思っているくらいです(爆)

 

てことで、今回は東急ホテル&リゾーツ宮古島と

与那覇前浜について書いてみたいと思います!

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島へのアクセスと大人気の理由・チェックイン&チェックアウト時間・宿泊料金等

東急ホテル&リゾーツ宮古島へのアクセスや所要時間

東急ホテル&リゾーツ宮古島は

宮古島空港からタクシーで20分くらいの場所にあります。

 

東京からだと羽田空港から宮古島空港まで大体3時間ほどなので

めっちゃ遠いわけではなく気軽に行ける距離ですね。

 

11時発くらいの飛行機に乗れば

14時くらいに到着なので朝きついコトはありません。

 

もしかしたら伊豆とか行くより早くつくかもしれません。

 

この東急ホテル&リゾーツ宮古島が人気なのは

何といってもその立地にあって、目の前に

与那覇前浜ビーチがあるコト。

 

このビーチは東洋で一番きれいとまで言われているので

ビーチリゾートを楽しみたい場合、立地が最強というコトになります。

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島のチェックイン&チェックアウトと宿泊料金

チェックイン時間は14時以降で

チェックアウトは11時になります。

 

多くのホテルや温泉だと15時チェックインも多いので

早く入れるのはありがたいですね。

 

値段は客室プランによって違うのですが、

「せっかくなので一番いい部屋に泊まろう」

となって、禁煙グランドツイン/ビューバスルームを選択。

 

値段は2人で3泊で129,600円と

わりとお手頃価格でした。

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島の外観や客室・与那覇前浜ビーチへの散歩写真など

東急ホテル&リゾーツ宮古島の外観や景色の写真

というコトでいざ到着するとたくさん写真を撮影しました。

 

何故か客室をほぼ撮り忘れたのですが

撮影したものを公開していきます。

 

開放感がある入り口。

 

南国系のリゾートホテルだと吹き抜けてて風通しが良い宿がありますが

今回の東急ホテルもそのパターンでした。

 

沖縄らしくシーサーが左右にいます。

 

記念に一枚撮影。

 

そのままフロントでチェックインを済ませていざ客室へ。

 

僕たちが宿泊した客室は一応ホテル最上階でもある4階だったので

そこからの景色をたくさん撮影しました。

 

こんな感じで綺麗なビーチが見えます。

 

反対方向はゴルフ場。

 

南国に来た感がありますね。

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島の客室写真

客室の写真を僕が撮影し忘れていたのですが

友達が撮影したのが一枚だけありました(笑)

 

ベッドはうつってないですがw

 

このソファーの後ろ側にベッドがあります。

 

めちゃくちゃ広いというわけではなく

わりとコンパクトな客室というイメージです。

 

バルコニーからの景色。

プールとか見えますね。

 

この先にあるのが与那覇前浜で東洋一綺麗と言われるビーチです。

実際、生で見ると超きれいですw

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島のプールや敷地内と腹ごしらえ

ということで、さっそく敷地内を散歩。

 

平和なプールサイド。

 

プールの脇に軽食が食べれるところがありました。

 

腹ごしらえです。

 

この焼きそば、爆裂美味かったです。

 

旨すぎてそばに絡まったまま死にたいとすら思いましたね(笑)

 

東急リゾート宮古島から与那覇前浜でまたーり

てことで、腹ごしらえをしてそのまま

与那覇前浜へ移動です。

 

与那覇前浜は東急リゾートから徒歩でそのまま行けるので

超絶便利です。

 

ビーチはこんな感じ。

 

すぐ奥に見えているのが来間大橋という橋で

来間島という宮古島のさらに離島と繋がっている橋です。

 

本当に砂が真っ白で綺麗。

 

そのまま男二人でパラソルの下にいました。

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島のレストランバーベキューハウス体験談

と南国でのんびりしているとすぐに日が暮れて良い感じの夜に。

 

南国の夜って風が気持ちよくて最高なんですよね。

 

ホテルのライトアップも綺麗です。

 

これだけ気持ちが良いと

「飯は当然外で食べるべきでしょ」

という流れになり、バーベキューハウスへ。

 

野外の芝生の上で肉やシーフードを楽しむコトが出来るレストランです。

 

てことで、BBQセットのプルメリアを注文。

 

プルメリアというと何だかおしゃれな響きですが、

簡単に言うと、「全部盛り」のコトです(笑)

 

以下のような具材が入っています。

 

牛リブロース (オーストラリア産)

鶏もも肉

宮古豚ソーセージ(1本)

くんちゃま(豚トロ)ベーコン

殻付き帆立貝柱(1個)

サザエ(1個)

海老(半身)

焼き野菜盛り合わせ

 

あとはビュッフェもあって枝豆とかもずく酢とか

サラダバーがあってご飯・味噌汁・デザート取り放題です。

 

1人6500円なのでまぁまぁしますが、

ただ、バーベキュー気分を楽しむには最高です。

(味は比較的大味w)

 

このように、乗せまくりました。

 

南国の風の中で食べるバーベキュー&ビールはやっぱり格別ですね!

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島のバー、ムーンシェルの体験談と感想

バーベキューで腹ごしらえをしてからは

当然のようにバータイム。

 

東急リゾート宮古島にはムーンシェルという

おしゃれなバーもあったのでバータイムも楽しみました。

 

ちょっとおしゃれなカクテルに

 

チーズの盛り合わせ。

 

男二人でまるで女子のようなラインナップで楽しみました(笑)

 

このムーンシェルというバーは

南国のバーらしく開放感もあってすごく良かったです。

 

東急ホテル&リゾーツ宮古島への宿泊&与那覇前浜ビーチの体験談と感想 口コミ評判まとめ

というコトで個人的には凄く好きな宿でした。

 

石垣島のANAインターコンチネンタルよりも

もしかしたら良いかもしれないな~と。

 

南国リゾート感も楽しめるし、快適さもあって

当然治安も良いのですごくお勧め。

 

宮古島ってどことなく異国感があるんですが

そういう雰囲気もすごくお勧めです。

 

ちなみに、宮古島というと砂山ビーチもあるのですが

砂山ビーチと比べると僕は圧倒的に与那覇前浜の方が好きです。

 

砂山ビーチの記事も参考にしてみてくださいね。

宮古島の砂山ビーチのシュノーケル遊泳中にサメと遭遇した体験談と感想~あの時酒好きのサメ長老は見ていた~過去に事故もあるらしい

 

ではでは!




追伸:


どうもはじめまして、南ユウジです。


僕は月の半分を旅先で過ごしており、しかも大体旅費以上旅先で稼いでいるので
職業ハーフノマドと名乗っています!





ハーフノマドとは、

「あちこちに旅行しながら、好きな時に好きな場所で好きなコトをする。

でもしんどい時は動かない」

という新しいスタイルのノマドです。



「場所や時間に左右されずに

自分の心に忠実に、自分らしく生きる」

コトを目的に日々活動しています。



南ユウジの詳細プロフィールはこちら



ハーフノマドの仕事の一環として

あちこち旅行したりグルメを楽しんだりしています。



旅行記の記事一覧はこちら

グルメ記の記事一覧はこちら

エロ記事(R18)はこちら


LINE@もやっていますのでぜひ追加してみてください^^

友だち追加

また、どうして旅行をしながら旅費以上稼げるのか、その秘密も暴露しているので

メルマガも登録してみてくださいね!今だけ豪華特典アリます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です