竹富島の水牛車散歩の体験談と感想:人より歩くのが遅い水牛車でゆるい時間を過ごす贅沢 新田観光

こんにちは、南ユウジです。

 

石垣島に旅行をして楽しみだったのが

竹富島の水牛車の散歩

です。

 

宿泊先のANAインターコンチネンタル石垣リゾートにて

事前に予約をして行きました。

石垣島のanaインターコンチネンタル石垣リゾートは良かった 鉄板焼き於茂登 体験談 感想

 

竹富島の場合は1日に何便も船が出ているので

当日に行く事も出来るそうですが、水牛車観光は

当日だと無理な場合もあるそうな。

 

なので、事前予約がお勧めです。

 

事前予約をしておくと、

ホテルまで送迎バスが来てくれますし

確実に竹富島に行けるのでお勧めです。

 

竹富島で水牛車観光ができる業者は二つあって

新田観光と竹富島観光センターの2社あります。

 

値段は両方とも大人1,200円、こども600円です。

 

今回は新田観光を使いました。

 

石垣島から竹富島へのアクセス:石垣港(石垣島離島ターミナル)から30分で到着

竹富島に行く場合は

石垣港(石垣島離島ターミナル)に行く必要があります。

 

竹富島に限らず、西表島や波照間島、与那国島など

離島に行く場合はここから出発ですね。

 

石垣島から竹富島への所要時間は

15分くらいあれば到着します。

 

石垣港(石垣島離島ターミナル)は

石垣空港から車で大体30分です。

 

 

竹富島に到着後、新田観光に送迎からの送迎で水牛車に乗車

竹富島に到着。

 

到着したらテンションがすぐにMAXです。

 

竹富島の港はこんな感じ。

 

そのまま送迎バスで新田観光さんへ移動し

そこで手続きをして水牛車に乗り込んでいきます。

 

人数が多いので2台体制でしたが

満席になっていました。

 

竹富島の水牛車散歩はゆっくりのほほんと時間が流れていた

乗り込んでから人間よりも遅い速度で水牛車散歩です。

 

本当のんびりゆっくり竹富島の景観を見ながら

散歩していく感じです。

 

どこの家にもシーサーがいました。

 

道は舗装されていなくてほぼ砂に近いです。

 

絶世の美女と言われた安里屋クヤマが生まれたとされる家が

そのまま残っていました。

 

沖縄民謡で「さ~ゆいゆい」と謳う有名な

安里屋ユンタという曲がありますが、この曲は

クヤマにまつわる曲だそうです。

 

後ろの水牛のほうが若くて元気だったので

真後ろまで迫っていました。

 

 

 

大半の時間をボーっとしていたので

写真があんまりないですが、

ただひたすらのんびりとした時間が流れていましたね。

 

途中、水牛がう〇こしていましたが、

少し歩くと必ずするそうですw

 

なので、1回水牛車に乗ると必ず

う〇こシーンが見れるのでそれも楽しみにしてみると良いですね(笑)

 

ちなみに、ガイドの方は竹富島の現地の長老という感じの方で

通称「おじぃ」と言われているそうです。

 

そのおじぃが竹富島の歴史を教えてくれながら

水牛車の上で三味線で唄ってくれるので

中々風情があります。

 

最後に記念撮影して終了です。

 

竹富島 新田観光の水牛車散歩の体験談と感想 まとめ

ということで、一回は乗車してみる価値はあると思います。

 

本当、東京に住んでいるとこんなに

ゆっくりと移動するなんて忘れてしまいがちですが

本当に落ち着いた時間が過ごせます。

 

春先でもかなり日差しは強いので

日焼け止めは塗っておきましょう!




追伸:


どうもはじめまして、南ユウジです。


僕は月の半分を旅先で過ごしており、しかも大体旅費以上旅先で稼いでいるので
職業ハーフノマドと名乗っています!





ハーフノマドとは、

「あちこちに旅行しながら、好きな時に好きな場所で好きなコトをする。

でもしんどい時は動かない」

という新しいスタイルのノマドです。



「場所や時間に左右されずに

自分の心に忠実に、自分らしく生きる」

コトを目的に日々活動しています。



南ユウジの詳細プロフィールはこちら



ハーフノマドの仕事の一環として

あちこち旅行したりグルメを楽しんだりしています。



旅行記の記事一覧はこちら

グルメ記の記事一覧はこちら

エロ記事(R18)はこちら


LINE@もやっていますのでぜひ追加してみてください^^

友だち追加

また、どうして旅行をしながら旅費以上稼げるのか、その秘密も暴露しているので

メルマガも登録してみてくださいね!今だけ豪華特典アリます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です